葬儀後のお手続や相続

ご遺族が葬儀あとに迎える様々な手続きについて解説致します。
また相続について何をすればいいのか、ポイントをまとめてご説明します。

  1. 残された遺族助ける、扶養親族の申請など

    残された遺族を助ける意味で、扶養する事もあると思います。その際、少しでも有効に活用できる制度があります。所得税の控除…

  2. 相続で空き家ができる場合

    故人が住んでいた家が空き家になってしまう場合、近隣住民の方への挨拶をし、連絡先の交換もしておきましょう。この方々を味方にすることで、空き家管理は楽になり…

  3. 配偶者が亡くなったら、自分の年金を確認しましょう

    遺族年金の箇所でも触れていますが、ここでは公的年金受給前の方へ、保険料支払いに関わることをまとめています。自分(妻)の年金は?自分自身の年金についてもう…

  4. 相続配分は二次相続との事も考えて

    二次相続にも注意相続税が掛かるご遺族は、二次相続のことも考えて相続分を決めましょう。二次相続とは、最初の相続(一次相続)で残された配偶者が亡くなった…

  5. 遺言書関連の変化

    相続財産の評価方法はどうする?

    相続財産の評価方法評価方法は、財産の種類によって異なり、相続税法と国税庁の財産評価基本通達に基づいています。これは国税庁ホームページから確認できます…

  6. 遺言書関連の変化

    相続税を払えない場合と払いすぎた場合

    相続税が納められない場合相続税には、相続人の中で相続税が納められない人がいる場合、他の相続人が肩代わりしなければならない連帯納付の義務があります。ま…

  7. 相続税の申告までに遺産分割協議がまとまらない

    相続税の申告期限は、被相続人の死亡を知った日の翌日から10ヶ月以内です。本来ならこの期間に相続税の申告・納税を行う必要があります。遺産分割協議書…

  8. 相続税の申告は自己申告

    相続税は自己申告相続税は、死亡した人の財産を相続や遺贈によって受け継いだ人にかかる「国税」です。財産をもらった人が、すべて相続税を納めないといけない…

  9. 相続財産の売却、処分も名義変更から

    遺産分割協議も終わり、分割する財産が明確になっても、実際に引き継ぐには名義変更の手続きをしなくてはいけません。すぐに売却したい場合でも、名義変更をして自…

  10. 遺留分の放棄は事前にできる

    よく似た言葉に「相続の放棄」がありますが、これは「遺留分の放棄」です。遺留分は相続人が守られる相続財産ですが、それを放棄するという事です。相続に…

最近の記事

アーカイブ

  1. ファイナンシャルプラン

    遺族が児童扶養手当を受け取れる?
  2. 葬儀後のお手続や相続

    相続を受け入れるか(単純承認)相続放棄かを考える
  3. 葬儀後のお手続や相続

    葬儀後に遺族が行なうお手続きについて
  4. 入院

    葬儀後のお手続や相続

    相続財産に含める保険金とは
  5. 終活関連

    遺言書の作成準備
PAGE TOP