葬儀後のお手続や相続

ご遺族が葬儀あとに迎える様々な手続きについて解説致します。
また相続について何をすればいいのか、ポイントをまとめてご説明します。

  1. 遺族が児童扶養手当を受け取れる?

    児童扶養手当とはよく似ていて知られているものに「児童手当」がありますが、これは児童を育てる保護者に対して支給される手当です。「児童手当」又は「子ども…

  2. 国民年金加入者は「遺族基礎年金」「寡婦年金」「死亡一時金」のいずれか

    国民年金加入者が亡くなった場合、遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金のいずれか一つが支給されます。国民年金の遺族基礎年金についての手続き内容は、厚生年金や共済年金…

  3. 遺族厚生年金の併給と調整

    65歳以後は、老齢基礎(老齢年金と遺族厚生年金は併給されます。)は、どちらかを選択します。遺族厚生年金と老齢基礎年金については2つとも受け取ることができるのです…

  4. 遺族年金の税金はどうなる?

    遺族年金は非課税で税金はかかりません。他の所得があったり、ご自身が自分の厚生年金や国民年金ををもらっている場合でも、自分の年金には税金がかかりますが、遺族年金で…

  5. 遺族年金などの手続き(厚生年金の場合)

    遺族年金の話の前に日本の公的年金制度は、国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入することになっている「国民年金」を基礎に、会社員が加入する「厚生年金」(…

  6. 労働災害で亡くなった場合の遺族への給付金は?

    業務中や通勤途上中で亡くなった場合、遺族に給付金が支払われる制度があります。これは労災保険からの支払になります。労災保険自体は1名で…

  7. 死亡の際「葬祭費」と「埋葬料」どちらを請求?

    親族が死亡された際、「葬祭費」も「埋葬料」も遺族が請求してもらえる制度ですが、どちらを請求すれば良いでしょうか?これはどちらというより、お持ちの健康保険の種類に…

  8. 死亡後に遺族がお金を受け取れる「葬祭費(埋葬料)」など

    身内が亡くなったあと、遺族には様々な手続きが必要になりますが、請求すればお金を受け取れる手続きがあります。ここでは「葬祭費(埋葬料)」や「公的給付(健康保険や公…

  9. 入院

    相続財産に含める保険金とは

    保険金と相続財産との関係先日、相続についてのご相談がありました。父親が亡くなったが、私が受け取った保険金は兄弟で分けないといけないのか? というもの…

  10. 故人の預金口座(銀行口座凍結)について

    金融機関は口座名義人の死亡を知った時点から、その預貯金の口座を停止する義務があります。これを「凍結」と呼びます。口座が凍結されると、引き出すことも入金することも…

最近の記事

アーカイブ

  1. 葬儀後のお手続や相続

    相続人が行う所得税の準確定申告とは
  2. 遺言書関連の変化

    終活関連

    エンデイングノートに書いておくべき項目②
  3. 葬儀後のお手続や相続

    亡くなった方の遺品整理や形見分け
  4. 葬儀と法要や仏事

    忌中(きちゅう)と喪中(もちゅう)の違いとは?
  5. 葬儀後のお手続や相続

    故人の預金口座(銀行口座凍結)について
PAGE TOP