葬儀と法要や仏事

お墓の手配と承継はどうする?

お墓を建てるには

お墓を建てるには墓地を取得することになります。実際に購入するのは墓石で、墓地に関しては「永代使用料」を支払って使用する権利を取得することになります。
「お墓を買う」という言い方がされますが、お墓はモノや不動産のように売買することはできず、一定の墓地区画の永代使用権を購入することです。

「分譲価格」と記しているのは正確には、その墓地区画の「永代使用料」ということになります。

「永代使用」と紛らわしい言葉に「永代供養」というものがあります。

「永代供養」とは寺院や霊園が遺骨を預かり永代にわたって供養することで、通常お墓参りをしてくれる人がいない、またはお墓参りに行けない方に代わって、寺院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法のことを指します。

意味合いが違うのです。

また、お墓は墓地として「墓地埋葬等に関する法律(墓埋法)」で、都道府県知事が認可した場所にしか造ることができません。
注意しておかなくてはいけないのが、自分が亡くなった後も,将来にわたってそのお墓を継承していく人が必要であるということです。墓地区画を整備し分譲している墓地や霊園では、新たに墓地区画の取得を希望する人に対して、継承者がいることを基本条件にしているところがほとんどです。
お墓の建立が四十九日に間に合わない場合、一周忌の法要を目途に済ませるようにします。

墓地の承継は決まっているのか?

既に先祖からのお墓がある場合、遺族が「承継」することになります。通常、長男が承継者となる事が多いのですが、慣習によるもので親族であれば決まりはありません。
先祖を祀るためのお墓や仏壇・仏具は「祭祀財産」となり、相続税の対象外となります。
お墓を承継したら名義変更が必要になり、年間管理費やお墓の手入れ、寺院墓地では檀家としての役割などの義務も生じます。手続きに関する必要書類は事前に確認しておきましょう。

お墓の改葬

承継者がいない、お墓の場所を変えたい、宗教・宗派を変える…
などの理由でお墓の改葬が必要になることがあります。
改葬には役場での手続きの他に、墓地関係者に理由を丁寧に説明してください。特に菩提寺の場合、トラブルは避けたいものです。親族や縁故者への説明も忘れず行いましょう。

<葬儀あとのガイドブックから抜粋…P23

忌中(きちゅう)と喪中(もちゅう)の違いとは?前のページ

新型コロナウイルスで災害特約・傷害特約も支払い対象に⁉次のページ

関連記事

  1. 終活関連

    家業がある場合の相続は?

    家業がある場合の相続故人が自営業者であった場合、後継者以外の相続人…

  2. 葬儀後のお手続や相続

    相続を受け入れるか(単純承認)相続放棄かを考える

    相続は故人の資産や、権利義務を相続人が引き継ぐことです。具体的…

  3. 葬儀後のお手続や相続

    亡くなった方の住宅ローンが残っている場合は?

    まだ住宅ローンを支払っている方が亡くなってしまった場合、そのローンはど…

  4. 遺言書関連の変化

    終活関連

    財産目録の作成と贈与された財産について

    財産目録の作成財産目録とは、ここでは相続財産を一覧にまとめたリスト…

  5. 遺言書関連の変化

    葬儀後のお手続や相続

    法定相続人の遺留分とは? 守られる相続財産です

    遺言が優先されるからといって、被相続人の意志だけが万能ではありません。…

  6. 遺言書関連の変化

    葬儀後のお手続や相続

    相続財産の評価方法はどうする?

    相続財産の評価方法評価方法は、財産の種類によって異なり、相続税法と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 葬儀後のお手続や相続

    戸籍関係書類の重要性と取り寄せ方法
  2. 遺言書関連の変化

    葬儀後のお手続や相続

    法定相続人の遺留分とは? 守られる相続財産です
  3. 終活関連

    相続配分は二次相続との事も考えて
  4. 遺言書関連の変化

    葬儀後のお手続や相続

    相続財産の調査はどうすればいい?
  5. 葬儀後のお手続や相続

    死亡保険金の受取りについて
PAGE TOP