葬儀と法要や仏事

仏壇で日常の供養の仕方

日常の供養の仕方

故人の供養は朝と夜の2回、毎日行うのが基本です。線香の本数や鈴を打つ回数などは宗派によって異なりますが、線香やろうそくの火を息を吹きかけて消してはいけません。軽く振るかどちらの手で仰いで消します。また、お仏壇に向かう前に口をすすぎ、手を洗い、身を清潔にしましょう
仏壇や仏具はほこりが溜まらぬよう、日ごろから簡単な掃除をしておきましょう。故人の命日や、お彼岸、お盆前などに念入りに掃除をします。
※神道の場合、神棚ではなく御霊舎(祖霊舎)に先祖を祀ります。朝に手や口を水で清めてから、米と水、塩を供え、二礼二拍一礼をします。拍手は忌明け(五十日祭)までは音を立てない「しのび手」が基本です。
※キリスト教の場合は、祈りは教会で行うのが基本になります。日々の供養の代わりとなるのが食事や寝る前に行う「神へのお祈り」です。仏壇のかわりとなるものはありませんが、故人の遺影と十字架を飾ることが多いです。(仏壇に似た家庭用の祭壇を使われる方もいます)

時間がないときや負担になるときは省略しても構いませんが、その代わり「おはよう」や「おやすみなさい」と話しかけるつもりで、手を合わせましょう。大切なのは作法などではなく、故人を偲ぶ気持ちなのです。

お供え物

宗派によって違いはありますが、仏教は一般的に「香」「花」「灯明」「水」「飲食」の五つがお供え物の基本といわれています。これらは総じて「五供」と呼ばれ、お盆などにはこの五供で先祖供養を行います。
供えたご飯やお茶はできるだけ夕方までに下げます。(昼までに下げても構いません)
お花は枯らさないようにしましょう。
頂き物や初物はまず仏壇にお供えし、そのおさがりをいただくという気持ちを持ちましょう。ただし仏教では殺生を嫌うため、肉や魚などは供えません。

遺言書関連の変化遺言書が簡単に、そして便利に前のページ

仏壇の選び方次のページ

関連記事

  1. 葬儀と法要や仏事

    初盆の迎え方

    お盆には先祖の霊が戻ってくると言われています。 お盆の時期は東京など首…

  2. 葬儀と法要や仏事

    仏壇の選び方

    仏壇を初めて購入される場合、どう選べばいいのか分からないという方も多い…

  3. 葬儀と法要や仏事

    忌中(きちゅう)と喪中(もちゅう)の違いとは?

    「忌中(きちゅう)」も「喪中(もちゅう)」も「身内の死に際して身を慎む…

  4. 葬儀と法要や仏事

    お盆の精霊棚(しょうりょうだな)(盆棚)の飾り方

    精霊棚はご先祖様の霊を迎えるための棚のことで盆棚とも言われます。お盆の…

  5. 葬儀と法要や仏事

    お墓の手配と承継はどうする?

    お墓を建てるには墓地を取得することになります。実際に購入するのは墓石で…

  6. 葬儀と法要や仏事

    お彼岸の迎え方

    お彼岸は春と秋の2回あり、それぞれ春分の日、秋分の日をはさむ前後3日の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 終活関連

    遺言書の作成準備
  2. 葬儀後のお手続や相続

    介護などでの特別の寄与の制度(特別寄与料)の創設
  3. 葬儀後のお手続や相続

    死亡原因が労働災害や自動車事故の場合
  4. 終活関連

    遺産分割協議がまとまらないとき
  5. お知らせ

    遺族サポート・ドットコムへようこそ
PAGE TOP