葬儀後のお手続や相続

遺産分割4つの方法

遺産分割の方法には、4つの方法があります。

それぞれのメリット、デメリットを理解した上で、それらを上手に活用し遺産分割を行いましょう。

4つの分割方法

 

現物分割

遺産分割の方法には、4つの方法があります。

それぞれのメリット、デメリットを理解した上で、それらを上手に活用し遺産分割を行いましょう。

4つの分割方法

 

遺産をそのままの現物で、相続人ごとに分ける方法です。

遺産分割の一般的な方法となっています。

手間はかかりませんが、公平に分割できるかがポイントです。

後々トラブルにならないようにしましょう。

換価分割

遺産を売却して換金し、その換金した金銭を相続人で分ける分割方法です。

売却の場合は手間と時間と費用がかかったり、売却益には所得税や住民税がかかります。

現金が少ない場合に、使われることが多いです。

 

代償分割

特定の相続人が遺産の現物を取得し、その代償として他の相続人に対し債務を負担する(具体的には、金銭その他の資産を渡す)分割方法です。

遺産分割協議書には、代償分割によって遺産を分割したことを記載しておくことが必要です。

相続した人が、他の相続人に現金を渡せるだけの金額を持っているかもポイントになります。

 

共有

1つの遺産を、2人以上の相続人が共有持分で所有する分割方法です。

公平な分割が可能ですが、個人で自由に使用したり、処分したりすることはできず、共有者に相続が起こると、権利関係が複雑になってしまいます。

自分たちの時はいいですが、その相続財産が子に引き継がれていくと、どんどん枝分かれしていってしまいます。

資産を処分したいと思っても、全員の承諾が無いとできません。

あくまでも一時的な対応として考えた方がいいでしょう。

 

以上の4つの方法の中から、どう相続するか決まれば、後は遺産分割協議書を作成します。

遺産分割協議書については別でご説明いたします。

<葬儀あとのガイドブック抜粋…P50>

 

相続時の限定承認は全員で!前のページ

遺産分割協議の始め方と方法次のページ

関連記事

  1. 遺言書関連の変化

    終活関連

    財産目録の作成と贈与された財産について

    財産目録の作成財産目録とは、ここでは相続財産を一覧にまとめたリスト…

  2. 葬儀後のお手続や相続

    相続の順位はどうなる?

    相続の順位預金や不動産といった故人の遺産は、親族が相続することがで…

  3. 葬儀後のお手続や相続

    相続で空き家ができる場合

    故人が住んでいた家が空き家になってしまう場合、近隣住民の方への挨拶をし…

  4. 葬儀後のお手続や相続

    戸籍関係書類の重要性と取り寄せ方法

    遺族が行なう様々な手続きで、戸籍関係の書類が必要となります。故人の銀行…

  5. 葬儀後のお手続や相続

    相続人が行う所得税の準確定申告とは

    確定申告とは確定申告とは、そもそも個人が1月1日から12月31日ま…

  6. 終活関連

    遺留分の放棄は事前にできる

    よく似た言葉に「相続の放棄」がありますが、これは「遺留分の放棄」です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 葬儀と法要や仏事

    四十九日法要までの準備 本位牌・お仏壇の手配等
  2. ファイナンシャルプラン

    生命保険見直しポイント 「死亡保障額」
  3. 終活関連

    遺言書が無い場合の相続の仕方
  4. 終活関連

    遺産分割協議がまとまらないとき
  5. 終活関連

    内縁の妻(配偶者)・再婚相手の連れ子・養子は相続人になれる?
PAGE TOP