葬儀後のお手続や相続

相続時の限定承認は全員で!

相続が発生した時に、単純相続をするのか? 相続の放棄をするのか? 選択しなければいけませんが、3つ目の方法「限定承認」についてご説明します。

限定承認とは

相続したプラスの財産の範囲でマイナスの財産の債務を支払い、債務が多くても自己の財産を使って弁済する必要がなく、財産が残れば相続できるのが限定承認です。

つまり相続財産の中で借金があればそれを清算し、プラスになれば受け取る事が出来て、マイナスになった場合は相続人がその責任を負うことはないという制度です。

相続財産がプラスになるかマイナスになるかわからないときに使える都合のいい制度ですが、それを使うには条件があります。

まず、相続の開始を知ったときから3か月以内に家庭裁判所へ申し出なければなりません。

限定承認は相続放棄と違って、単独ではできません。

相続人全員で限定承認の申し出をすることになります。

従って、相続人が複数いる場合に1人でも限定承認を認めななければ限定承認はできません。

 

限定承認の3つのケース

①債務超過であることが分かっている場合

②負債の額が不明確なので、法律手続きで明確にしてプラスの財産を相続したい場合

③プラスとマイナスの財産が拮抗しており、どちらが多いか判断がつかない場合   など

 

限定承認は家庭裁判所への申立てが複雑なほか、準確定申告や譲渡所得税の申告が必要になる場合が殆どで、費用もかかったりします。

限定承認において資産を売却した場合には、みなし譲渡所得税を負担しなければならないこともあります。

このように安易に限定承認を選択すると,思わぬ負担を背負う可能性があります。

限定承認を選択するかどうかは、できる限り相続財産を調査し手間や費用の負担を考慮しつつ検討しましょう。

実際にはこの限定承認の方法をとることは、さほど多くはありません。

やはり、相続放棄に比べると手続きが複雑であり、相続人が単独で単純承認や相続放棄をしてしまうと利用できなくなってしまうからです。

相続人全員の足並みが揃わないと利用できない面も、制度利用の難しさになっていると思います。

 

限定承認のやり方

限定承認は,相続の開始(被相続人が亡くなったこと)を知った時から3か月以内に行わなければならないのが原則です。

3か月を超えると法定単純承認が成立し、利用できなくなってしまう事は相続放棄と一緒です。

ただし期間を延長してもらうため、亡くなった方の住んでいた場所を管轄する家庭裁判所に「熟慮期間の伸長」を申し立てて期間の延長を認められる場合もあります。

限定承認をするためには,家庭裁判所に「限定承認の申述書」戸籍謄本被相続人の除籍謄本財産・負債に関する資料など一定の書類を添付し提出します。

後日、内容等に不明点があるような場合には、問い合わせや資料の追完などが求められることもあります。

これらの照会に回答するなどした後、裁判所によって限定承認の申述を受理するか否かの判断がなされ、受理されれば限定承認受理について通知書が送られてきます。

通知書が届いたならば、すみやかに相続財産の清算手続きを始めなければいけません。

 

このように限定承認は手間がかかるものですが、検討される場合には専門家を使った方がスムーズに行えるかもしれません。

そういう時は、一度相談されてはいかがでしょうか。

<葬儀あとのガイドブック抜粋…P50>

相続を受け入れるか(単純承認)相続放棄かを考える前のページ

遺産分割4つの方法次のページ

関連記事

  1. 遺言書関連の変化

    葬儀後のお手続や相続

    相続税を払えない場合と払いすぎた場合

    相続税が納められない場合相続税には、相続人の中で相続税が納められな…

  2. 終活関連

    お墓や仏壇の相続は?

    祭祀財産についてお墓や仏壇、位牌、神棚など先祖を祀るためのものを祭…

  3. 葬儀後のお手続や相続

    葬儀後に遺族が行なうお手続きについて

    ご遺族のやらなければいけないお手続きは様々ありますが、まずは最初にやる…

  4. 葬儀後のお手続や相続

    配偶者が亡くなったら、自分の年金を確認しましょう

    遺族年金の箇所でも触れていますが、ここでは公的年金受給前の方へ、保険料…

  5. 終活関連

    自筆証書遺言は家庭裁判所で検認が必要!?

    遺言書を見つけても開封してはいけない「自筆証書遺言」を見つけて、封…

  6. 終活関連

    遺言書が無い場合の相続の仕方

    相続において、まず遺言書が有るか無いかを調べることが必要です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 終活関連

    「もしもの時 伝えるノート」を販売開始しました
  2. 葬儀後のお手続や相続

    遺産分割協議の始め方と方法
  3. 終活関連

    家業がある場合の相続は?
  4. 終活関連

    遺産分割協議がまとまらないとき
  5. 入院

    葬儀後のお手続や相続

    相続財産に含める保険金とは
PAGE TOP