葬儀と法要や仏事

お彼岸の迎え方

お彼岸の時期

お彼岸は春と秋の2回あり、それぞれ春分の日、秋分の日をはさむ前後3日の7日間です。

お彼岸はお盆と同様、初日を「彼岸の入り」最終日を「彼岸の明け」と言います。

2020年でいうと
春彼岸
3月17日(火):彼岸入り
3月20日(金):彼岸の中日(=春分の日。祝日)
3月23日(月):彼岸明け

秋彼岸
9月19日(土):彼岸入り
9月22日(火):彼岸の中日(=秋分の日。祝日)
9月25日(金):彼岸明け

になります。

 

お彼岸の供養とは

お盆のように決まったしきたりはありませんが、家族で墓参りし、仏壇にぼたもち(おはぎ)などのお供えをし、先祖の霊を供養します。

「ぼたもち」と「おはぎ」ですが、基本的には同じものです。

その季節に咲く「牡丹」と「萩」の花から、春は「牡丹餅(ぼたもち)」、秋は「御萩(おはぎ)」と呼び分けるようになり、作り方にも花の姿が反映されるようになりました。

また、小豆の収穫期は秋なので、秋の「おはぎ」には皮ごと使ったつぶあんを、春の「ぼたもち」にはこしあんを使っていたようです。

お彼岸の時期である春分と秋分は、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日ですが、あの世とこの世が交流できる時期と考えられました。

また彼岸は豊作に欠かすことのできない太陽をまつり、祖霊の加護を祈る日本古来の儀礼と結びついたものなどと言われています。

 

初彼岸

四十九日法要後、初めての彼岸を「初彼岸」と言います。

初彼岸といっても、僧侶を呼んで法要を行なうことはしなくて構いません。

お盆のように特別な飾りなども必要なく、墓参りだったり仏壇に手を合わせたりなどのことを改めて行うのが望ましいです。

いつの頃からか「暑さ寒さも彼岸まで」と、季節の変わり目として人々の間で認識されています。

なお、昔から春と秋の彼岸に仏事を行うと、仏の功徳があると言われています。

※神道でもお彼岸は同じで、キリスト教はそのような習慣はありません。

<葬儀あとのガイドブック参照…P26>

お盆飾り(精霊棚)のそれぞれの意味とは前のページ

コロナウイルス緊急事態宣言時の法要について次のページ

関連記事

  1. 葬儀と法要や仏事

    仏壇の選び方

    仏壇を初めて購入される場合、どう選べばいいのか分からないという方も多い…

  2. 葬儀と法要や仏事

    お盆飾り(精霊棚)のそれぞれの意味とは

    盆飾りの飾り方は地域の風習によりさまざまで、地域や宗派によって違いがあ…

  3. 葬儀と法要や仏事

    仏壇で日常の供養の仕方

    日常の供養の仕方故人の供養は朝と夜の2回、毎日行うのが基本です。線…

  4. 葬儀と法要や仏事

    お墓の手配と承継はどうする?

    お墓を建てるには墓地を取得することになります。実際に購入するのは墓石で…

  5. 葬儀と法要や仏事

    新型コロナウイルスが原因で亡くなった方の葬儀は⁉

    新型コロナウイルスが原因で亡くなった方の葬儀は⁉…

  6. 葬儀と法要や仏事

    初盆の迎え方

    お盆には先祖の霊が戻ってくると言われています。 お盆の時期は東京など首…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. ファイナンシャルプラン

    コロナウイルスで自宅療養の場合、保険は使える!?
  2. 葬儀と法要や仏事

    お彼岸の迎え方
  3. 葬儀後のお手続や相続

    故人が加入している医療保険の受け取りは?
  4. 葬儀後のお手続や相続

    配偶者が亡くなったら、自分の年金を確認しましょう
  5. 葬儀と法要や仏事

    四十九日法要までの準備 本位牌・お仏壇の手配等
PAGE TOP