ファイナンシャルプラン

終活にドル建て保険の活用を考えてみましょう

終活を考えたときに、自分の葬式代や遺族にお金を少しでも残したいと考える方も多いと思います。

ただ、貯金も少なく今から準備しないといけない…と悩まれる方も多いのではないでしょうか。

その際はドル建ての終身保険を検討してみてください。

自分の終活を考えるような年齢で、新たに保険に加入しようとした場合、日本円での保険では正直お勧めしません。

それは、例えば200万の終身保険(一生涯の保険で、必ず亡くなったら支払われるもの)に加入した場合、支払う保険料は200万以上になってしまうケースが多いからです。

ドル建てをお勧めするのは、その保険料を決定する予定利率というものが、日本の円とドルとでは違うからです。

最近はこのドル建保険も予定利率が下がり、保険料の値上げがあったりしてますが、それでも円建よりは良い状況です。

ただ、このドル建の場合、為替リスクがあります。

ドルでは固定されている商品なのですが、ドルを円に換えるときに為替によって金額が変わってくるのです。

その部分も十分に把握したうえで活用してください。

保険金として遺族にお金を残す場合、法定相続人数×500万の金額が非課税となり、相続税の対象外の資産となります。

配偶者と子2人の場合、1500万の非課税枠ができるのです。

銀行にお金を預けておくだけでは、このような非課税枠は無く、すべて相続税の対象です。

是非、検討してみてはいかがでしょうか?

 

コロナウイルス外出規制中の保険加入方法前のページ

「もしもの時 伝えるノート」を販売開始しました次のページ

関連記事

  1. 終活関連

    内縁の妻(配偶者)・再婚相手の連れ子・養子は相続人になれる?

    内縁とは内縁とは婚姻の届出はないが社会生活上、夫婦同様の実態がある…

  2. ファイナンシャルプラン

    銀行預金から保険金へ資産移動の勧め

    よくある資産の状況に、土地・建物以外では銀行預金がほとんどで、他には無…

  3. ファイナンシャルプラン

    保険見直しのポイント 「保障期間」

    良くテレビで「たったこれだけの保険料で…」とCMが流れています。…

  4. 終活関連

    遺留分の放棄は事前にできる

    よく似た言葉に「相続の放棄」がありますが、これは「遺留分の放棄」です。…

  5. ファイナンシャルプラン

    遺族年金の税金はどうなる?

    遺族年金は非課税で税金はかかりません。他の所得があったり、ご自身が自分…

  6. 終活関連

    配偶者住居権の新設

    配偶者住居権の新設(2020年4月1日より施行)配偶者居住権とは、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 葬儀後のお手続や相続

    残された遺族助ける、扶養親族の申請など
  2. 葬儀後のお手続や相続

    相続時の限定承認は全員で!
  3. 葬儀後のお手続や相続

    亡くなった方の遺品整理や形見分け
  4. 終活関連

    自筆証書遺言は家庭裁判所で検認が必要!?
  5. お知らせ

    代金未払いについての対応について
PAGE TOP