ファイナンシャルプラン

保険見直しのポイント 「保障期間」

良くテレビで「たったこれだけの保険料で…」とCMが流れています。

それを見て良く問い合わせも来るのですが、気を付けないといけないポイントが2つあります。

それはCMで出た設定年齢は何歳で、そしていつまでその保障が続くのか? という事です。

生命保険や医療保険は、年齢が若い方が安くなります。

死亡や入院の危険性が少ないので安くなるのですが、それでいて何歳まで保障がその料金で続けられるのか?

何歳まで継続できるのか?という事のポイントをしっかりチェックしてみてください。

10年間だけだったり、60歳までだったり、更新はできるけど保険料がアップしたりするなど、安易に決めてしまうと、後々公開する事になります。

昔の医療保険は80歳までが主流でした。(30年ぐらいまで)

現在は寿命も延び、男性の平均寿命は80歳を超え、半数以上の方が生存する社会になっています。

医療費が描かる(病気になる)になる確率は、高齢になってからの方が圧倒的に多いのです。

その時に使えない保険なんて、問題があります。

少し前の○○生命の大ヒット医療保険では、病気での入院保障は一生涯(終身)ですが、ケガの入院保障は90歳まで、なんて商品もありました。

90歳以上になって、骨折して長期入院になったりする方も多いのですが、その場合この保険は使えないという事です。

私は欠陥商品だと言ってます。

今は改善されてそんなことはないのですが、その当時に加入された方は、当時のままの保障内容で継続されています。

また、共済関係で加入されている方もご注意ください。

保険料は同じでも、商品内容が減っていくプランになっているものが多いです。

最後の方では、全く病気入院の保障がなくなったりするプランも多くあります。

つまり「安い」だけでなく、いつまで保障が続くのかを確認してみてください。

ご自身で確認する事がめんどくさいや、よく見方がわからない方は、複数社の保険会社を取り扱っているファイナンシャルプランナーに見てもらいましょう。

見てもらった後、改善プランを提案されるかもしれませんが、内容を確認して、気に入らなければ断ればいいだけです。

一生涯の安心を買う商品なので、安易に決めず、複数社の見積もりをもらいましょう。

現在は同じ保障内容でも保険会社によって保険料が違います。

長期に渡って支払っていくものなので、少しの差でも総額的には大きくなる場合があります。

ご紹介している無料相談は、このページにバナーがありますので、ご興味のある方はそちらからお申し込みください。

 

大雨での水害は火災保険で対応できるか?前のページ

保険見直しのポイント 「保険会社」次のページ

関連記事

  1. ファイナンシャルプラン

    保険見直しのポイント 「保険会社」

    保険は保険会社によって、同じ保障内容でも保険料が違います。みな…

  2. ファイナンシャルプラン

    新型コロナウイルスで災害特約・傷害特約も支払い対象に⁉

    新型コロナウイルスでの死亡について、保険会社から災害(割増)特約や傷害…

  3. ファイナンシャルプラン

    遺族年金の税金はどうなる?

    遺族年金は非課税で税金はかかりません。他の所得があったり、ご自身が自分…

  4. ファイナンシャルプラン

    銀行預金から保険金へ資産移動の勧め

    よくある資産の状況に、土地・建物以外では銀行預金がほとんどで、他には無…

  5. ファイナンシャルプラン

    遺族が児童扶養手当を受け取れる?

    児童扶養手当とはよく似ていて知られているものに「児童手当」がありま…

  6. ファイナンシャルプラン

    終活にドル建て保険の活用を考えてみましょう

    終活を考えたときに、自分の葬式代や遺族にお金を少しでも残したいと考える…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 葬儀後のお手続や相続

    葬儀後すぐに取り組まないといけない事は?…②
  2. 終活関連

    お墓や仏壇の相続は?
  3. 終活関連

    遺言書の種類と探し方
  4. 葬儀と法要や仏事

    仏壇の選び方
  5. ファイナンシャルプラン

    終活にドル建て保険の活用を考えてみましょう
PAGE TOP