終活関連

遺言書が無い場合の相続の仕方

相続において、まず遺言書が有るか無いかを調べることが必要です。

では遺言書が有る場合は、その内容に沿うように遺産分割をしていけばいいのですが、無い場合はどうでしょう?

現在では遺言書が準備されている場合より、無い場合の方が圧倒的に多いのが現状です。

また遺言書が有ったとしても、書式が違ったりなどで無効になるケースも、結局は遺言書は無かったケースと同じように扱わないといけません。

 

遺言書が無い場合

遺言書がない場合には、相続人全員の協議により遺産分割を行います。 

相続人全員の同意が必要で、1人でも同意しない人がいると分割協議は成立しません。

相続人の中で、遺産の受け取り割合の目安となるのが、民法で定められている法定相続分です。

法定相続分については、今度別のページに書きたいと思います。

必ずしもこの法定相続分どおりに遺産を分けなければならないものではありませんが、相続人全員で話し合い、全員が納得できる遺産分割を決めてください。

遺言書が無い場合は、亡くなった故人の意思に拘束されず、遺産分割協議によって法定相続人の納得がいくように遺産を分ける事ができます。

極端な話し相続人が複数人いても、そのうちの一人が全財産を引き継ぐ事も、全員の合意さえあれば問題ありません。

たとえ、生前に故人から冷遇されていたとしても関係ありません。

相続人の問で協議が調わないとき、または行方不明者がいて協議できないときは、相続人が共同で、もしくは1人で家庭裁判所に遺産の分割を申し立てることができます(調停・審判による分割)。

この辺は後日に詳しくご説明しますが、遺言書が無い場合は、相続人全員の意見調整や日程調整など、それなりの手間が掛かることになると思っておいた方が良いでしょう。

遺言書が無いと、遺産分割協議で兄弟で争ったり不仲になったり、普通にある話しです。

<葬儀あとのガイドブック抜粋…P44>

遺言執行者が遺言に指定されている?前のページ

家業がある場合の相続は?次のページ

関連記事

  1. 終活関連

    遺産分割協議がまとまらないとき

    分割協議がまとまらない 遺産分割協議がまとまらないケースもあります…

  2. 葬儀後のお手続や相続

    各種手続きをする前に

    葬儀後にご遺族が各種手続きを始める前、注意すべきことをまとめました。優…

  3. 葬儀後のお手続や相続

    死亡の際「葬祭費」と「埋葬料」どちらを請求?

    親族が死亡された際、「葬祭費」も「埋葬料」も遺族が請求してもらえる制度…

  4. ファイナンシャルプラン

    遺族年金の税金はどうなる?

    遺族年金は非課税で税金はかかりません。他の所得があったり、ご自身が自分…

  5. 葬儀後のお手続や相続

    介護などでの特別の寄与の制度(特別寄与料)の創設

    介護などでの特別の寄与の制度の創設(2019年7月1日施行)被相続…

  6. 葬儀後のお手続や相続

    死亡原因が労働災害や自動車事故の場合

    業務上の事故や通勤途上の災害で亡くなった労働者は「労働者災害補償保険」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 葬儀と法要や仏事

    仏壇の選び方
  2. 葬儀と法要や仏事

    初盆の迎え方
  3. ファイナンシャルプラン

    終活にドル建て保険の活用を考えてみましょう
  4. 葬儀後のお手続や相続

    相続を受け入れるか(単純承認)相続放棄かを考える
  5. 遺族サポートチャンネル 原稿

    葬儀(葬式)のあと名義変更や解約が必要な諸手続き
PAGE TOP