終活関連

遺言書が無い場合の相続の仕方

相続において、まず遺言書が有るか無いかを調べることが必要です。

では遺言書が有る場合は、その内容に沿うように遺産分割をしていけばいいのですが、無い場合はどうでしょう?

現在では遺言書が準備されている場合より、無い場合の方が圧倒的に多いのが現状です。

また遺言書が有ったとしても、書式が違ったりなどで無効になるケースも、結局は遺言書は無かったケースと同じように扱わないといけません。

 

遺言書が無い場合

遺言書がない場合には、相続人全員の協議により遺産分割を行います。 

相続人全員の同意が必要で、1人でも同意しない人がいると分割協議は成立しません。

相続人の中で、遺産の受け取り割合の目安となるのが、民法で定められている法定相続分です。

法定相続分については、今度別のページに書きたいと思います。

必ずしもこの法定相続分どおりに遺産を分けなければならないものではありませんが、相続人全員で話し合い、全員が納得できる遺産分割を決めてください。

遺言書が無い場合は、亡くなった故人の意思に拘束されず、遺産分割協議によって法定相続人の納得がいくように遺産を分ける事ができます。

極端な話し相続人が複数人いても、そのうちの一人が全財産を引き継ぐ事も、全員の合意さえあれば問題ありません。

たとえ、生前に故人から冷遇されていたとしても関係ありません。

相続人の問で協議が調わないとき、または行方不明者がいて協議できないときは、相続人が共同で、もしくは1人で家庭裁判所に遺産の分割を申し立てることができます(調停・審判による分割)。

この辺は後日に詳しくご説明しますが、遺言書が無い場合は、相続人全員の意見調整や日程調整など、それなりの手間が掛かることになると思っておいた方が良いでしょう。

遺言書が無いと、遺産分割協議で兄弟で争ったり不仲になったり、普通にある話しです。

<葬儀あとのガイドブック抜粋…P44>

遺言執行者が遺言に指定されている?前のページ

家業がある場合の相続は?次のページ

関連記事

  1. 終活関連

    内縁の妻(配偶者)・再婚相手の連れ子・養子は相続人になれる?

    内縁とは内縁とは婚姻の届出はないが社会生活上、夫婦同様の実態がある…

  2. 葬儀後のお手続や相続

    相続人の特別代理人を立てなければいけない場合

    特別代理人とは相続人の中には、未成年者や行方不明者、認知症などで法…

  3. 葬儀後のお手続や相続

    相続で空き家ができる場合

    故人が住んでいた家が空き家になってしまう場合、近隣住民の方への挨拶をし…

  4. 葬儀後のお手続や相続

    相続人が行う所得税の準確定申告とは

    確定申告とは確定申告とは、そもそも個人が1月1日から12月31日ま…

  5. 葬儀後のお手続や相続

    相続税の申告は自己申告

    相続税は自己申告相続税は、死亡した人の財産を相続や遺贈によって受け…

  6. 葬儀後のお手続や相続

    相続税の申告までに遺産分割協議がまとまらない

    相続税の申告期限は、被相続人の死亡を知った日の翌日から10ヶ月以内です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 葬儀後のお手続や相続

    相続を受け入れるか(単純承認)相続放棄かを考える
  2. 遺族サポートチャンネル 原稿

    葬儀後にすぐ遺族が取り組むこと
  3. 遺族サポートチャンネル 原稿

    葬儀前または直後に(なるべく早めに)必要な届け・手続き
  4. 終活関連

    相続配分は二次相続との事も考えて
  5. 葬儀後のお手続や相続

    死亡後に遺族がお金を受け取れる「葬祭費(埋葬料)」など
PAGE TOP