終活関連

遺言執行者が遺言に指定されている?

遺言執行者とは

遺言書に書かれた内容を実現させることを「遺言の執行」といいます。

遺言執行者とは、遺言の内容を実現するための権限と義務を持つ人です。

遺言に遺言執行者が指定されている場合は、その者が遺言の執行に必要な権限を持ち、相続財産も遺言執行者から相続人などへ交付する形になります。

通常、亡くなった後の各種手続きにおいて、相続人全員の署名捺印など手間がかかり負担になることも多いのですが、遺言執行者の手続きだけで済む場合もありスムーズに行えます。

遺言に指定がない場合は、各相続人が協力をして遺言を執行することになり、そこでもめる事もありますが、遺言執行者がいれば遺産分割をスムーズに行えます。

 

遺言執行者の選任

遺言書に遺言執行者の指定が無い場合でも、必要があれば家庭裁判所に申し立て、遺言執行者を選任してもらうこともできます。

遺言執行者は相続人の中から指定されることもありますし、司法書士や税理士・弁護士などの専門家が指定されることもあります。

その際は報酬が発生しますので確認しておきましょう。

遺言執行者はその任務を開始したときは、遅滞なく遺言の内容を相続人に通知しなければならないとされています。

遺言の執行にあたって、遺言執行者が行う行為に対して、相続人がそのことを妨げることはできません。

また、預貯金の引き出しや財産の処分などは、いくら相続人であろうが遺言執行者に無断で行うことはできません。

 

遺言執行者の役割

遺言執行者がいると、預貯金の解約時など通常なら相続人全員の承諾や印鑑が必要な手続きが、1人の対応で済ますことができます。

また、相続人が行う相続財産の処分や遺言の執行を妨げるような行為を防ぐことができます。

遺言執行者は相続人ではなく、被相続人側の立場でなくてはなりません。

 

遺言執行者にしかできないこと

○相続人の廃除および廃除の取り消しの申し立て
「虐待や侮辱を行った相続人を廃除したい」との遺言があれば、遺言執行者が家庭裁判所に申し立てします。
○子の認知
非嫡出子の認知についての遺言があれば、遺言執行者が手続きを行います。

 

遺言執行者に任せられること

○財産目録の作成
○相続人の相続割合や分配
○遺贈に対する財産の引渡しや登記 

※財産目録の作成、相続人への相続分配、預貯金や株式などの解約・名義変更などは相続人だけでも行えます。遺言執行者が選任されている場合、相続人だけではできず、 遺言執行者だけが行えます。

 

遺言執行者は、中立・公正に、遺言者の遺志や遺言の内容を実現するために権限を行使することが任務となります。

遺言執行者の指定が無い場合でも、必要があれば家庭裁判所に申し立て、遺言執行者を選任してもらうこともできますが、相続人・受遺者がなる場合、それ以外の相続人との間に利益相反が生じ問題にならないよう、十分に話し合って決めましょう。

相続人が配偶者と子供だけなどの場合や、争う可能性がない場合、もとより遺言書が無い場合などは、遺言執行者を決める必要はありません。

ですが、相続人が多い場合や、財産の種類が多岐に渡っている(事務が大変)などの場合は、決めておいた方が遺族の負担は減ります。

<葬儀あとのガイドブック抜粋…P43>

自筆証書遺言は家庭裁判所で検認が必要!?前のページ

遺言書が無い場合の相続の仕方次のページ

関連記事

  1. 遺言書関連の変化

    葬儀後のお手続や相続

    相続財産の評価方法はどうする?

    相続財産の評価方法評価方法は、財産の種類によって異なり、相続税法と…

  2. 葬儀後のお手続や相続

    各種手続きをする前に

    葬儀後にご遺族が各種手続きを始める前、注意すべきことをまとめました。優…

  3. 葬儀後のお手続や相続

    遺産分割4つの方法

    遺産分割の方法には、4つの方法があります。それぞれのメリット、…

  4. 終活関連

    お墓や仏壇の相続は?

    祭祀財産についてお墓や仏壇、位牌、神棚など先祖を祀るためのものを祭…

  5. 遺言書関連の変化

    葬儀後のお手続や相続

    相続税を払えない場合と払いすぎた場合

    相続税が納められない場合相続税には、相続人の中で相続税が納められな…

  6. 葬儀後のお手続や相続

    葬儀後すぐに取り組まないといけない事は?…①

    人が亡くなった後には、社会的にも法律的にも、さまざまな手続きが必要にな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 葬儀後のお手続や相続

    相続人の特別代理人を立てなければいけない場合
  2. 葬儀後のお手続や相続

    相続財産の売却、処分も名義変更から
  3. 終活関連

    内縁の妻(配偶者)・再婚相手の連れ子・養子は相続人になれる?
  4. 葬儀と法要や仏事

    お墓参りの基本と準備
  5. 終活関連

    遺産分割協議がまとまらないとき
PAGE TOP