終活関連

エンデイングノートに書いておくべき項目①「本籍地」

エンデイングノートを書いてみようと決心され、机に向かったとき思ったより項目が多く、途中で気力が失せてしまった…なんで方は少なくないんじゃないでしょうか?

エンデイングノートにも様々な物があり、学生時代の思い出や家族への想いまで項目があるものがあります。なんのために?と疑問を持つ方もいますが、それは葬儀のときに司会者が話す内容に盛り込んだり、家族になかなか伝えられなかったことを文章にして残すという意味合いがあるからです。

とはいえ、そこまで書くとなるとハードルが上がってしまいます。

これから数回に分けて、最低限記入しておくべき箇所をまとめてみようと想います。

 

「本籍地」を書いておく

 「本籍」とは「戸籍」がある場所のことで、日本国内の地番があるところならどこにでも置くことができ、変更することも可能です。そのためひとつの場所を複数の方が「本籍」にしているケースもあります。

「本籍」と「本籍地」は同じような意味合いで使われることがありますが、別ものです。戸籍のある場所を指す「本籍」に対して、「本籍地」は戸籍を管理する自治体のことを指しています。

本籍地とは、戸籍が保管されている市区町村のことをいいます。本籍地は転籍届や結婚の際などいつでも自由に変更ができるため、生まれた市区町村や現在住んでいる住所とは限りません。そのため、実家の住所を本拠地として市町村役場に行って戸籍をもらおうと思っても現住所と本籍地が異なっているときには戸籍の取得ができません。一方、現住所とは本人の住民票に記載されている住所のことをいいます。実際に住んでいる場所と住民票に記載されている住所が異なることも可能です。

戸籍とは最大親子2代までの親族関係を記したもので、「いつ生まれ、いつ結婚し、いつ子どもができていつ死んでいったのか」をはっきりさせるものです。戸籍は本人確認や親族関係の確認、裁判で年齢や相続関係などの証明に使われます。戸籍を証明する書類が「謄本謄本」と「戸籍抄本」です。「戸籍謄本」とは戸籍に記載されている全員の身分関係が記されたもので、氏名・生年月日・親の氏名・婚姻関係(過去を含む)・子どもの氏名が記載されています。戸籍謄本は結婚をするときなどに必要となります。「戸籍抄本」は戸籍に入っている一個人の事項のみを抜粋して写したものです。戸籍抄本は生命保険の申請時や年金を受給するときに必要となります。なお、パスポートを申請するときには戸籍謄本でも戸籍抄本でもどちらでも構いません。なお、コンピュータ化に伴い、戸籍謄本が「戸籍全部事項証明書」へ、戸籍抄本が「戸籍個人事項証明書」へ名称が変更されました。

未婚の方の場合は親の「戸籍」のなかにいるため、親の「本籍」がご自身の「本籍」となります。また結婚すると、親の「戸籍」から抜けて夫婦で新しい「戸籍」を作ることになりますが、このときに好きな場所を「本籍」に決めることができます。一般的には、夫婦いずれかの「本籍」や新居を構えた場所を「本籍」に選ぶケースが多くみられます。

「本籍」は「戸籍」に記載されているので、「戸籍謄本」または「戸籍抄本」を入手すればすぐにわかりますが、いずれも本籍地でなければ発行してもらえないため、現地に出向くか郵送で請求する必要があり、手間が掛かります。

「住民票の写し」を請求するときに注意したい点は、提出する申請用紙に設けられた「本籍地と筆頭者を記載する」という選択欄で「記載する」を選んでおかなければ、住民票に本籍地が記載されないということです。住民票は現在住所を登録している市区町村の役所で取得できますが、自治体によっては役所に出向かずにコンビニエンスストアで手続きできるところもあります。

相続手続きに必要な書類として、生まれた年から死亡するまでの戸籍標謄本などがあり、本籍地を知らない方はこの機会にしっかりと確認しておきましょう。

 

エンデイングノートは全て埋める必要はありません。日常の備忘録として残しておく、そんな気構えで良いとおもいます。

<葬儀あとのガイドブック 関連…P28>

コロナウイルスで自宅療養の場合、保険は使える!?前のページ

戸籍関係書類の重要性と取り寄せ方法次のページ

関連記事

  1. 終活関連

    相続配分は二次相続との事も考えて

    二次相続にも注意相続税が掛かるご遺族は、二次相続のことも考えて相続…

  2. ファイナンシャルプラン

    銀行預金から保険金へ資産移動の勧め

    よくある資産の状況に、土地・建物以外では銀行預金がほとんどで、他には無…

  3. 遺言書関連の変化

    終活関連

    エンデイングノートに書いておくべき項目②

    エンデイングノートに書いておくべき「健康保健証」「後期高齢者医療証(7…

  4. 遺言書関連の変化

    終活関連

    遺言書が簡単に、そして便利に

    遺言書が簡単に作成し保管できるようになっています。これは2段階のス…

  5. ファイナンシャルプラン

    終活にドル建て保険の活用を考えてみましょう

    終活を考えたときに、自分の葬式代や遺族にお金を少しでも残したいと考える…

  6. 終活関連

    遺産分割協議がまとまらないとき

    分割協議がまとまらない 遺産分割協議がまとまらないケースもあります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 葬儀後のお手続や相続

    相続税の申告までに遺産分割協議がまとまらない
  2. 葬儀後のお手続や相続

    相続の順位はどうなる?
  3. 遺族サポートチャンネル 原稿

    わすれてはいけない! 相続や税金に関する遺族の手続き
  4. 葬儀後のお手続や相続

    死亡後に遺族がお金を受け取れる「葬祭費(埋葬料)」など
  5. 葬儀後のお手続や相続

    死亡の際「葬祭費」と「埋葬料」どちらを請求?
PAGE TOP