葬儀後のお手続や相続

残された遺族助ける、扶養親族の申請など

残された遺族を助ける意味で、扶養する事もあると思います。

その際、少しでも有効に活用できる制度があります。

 

所得税の控除

残された親(片親)とお子様がいる場合など、子の扶養親族と認められたら、所得税の「扶養控除」を受けられます。その為には条件は3つあります。

①生計を同じくしていること

(同居ではなくても、仕送りなどをしていれば良いですが、証明が必要な場合があります)

②親の合計所得金額が38万以下

(年金だけの場合、年金額から公的年金の控除を引いた額で判断します)

③親が青色申告者から、その年に一度も給与の支払いを受けていない事。

 

社会保険の扶養認定

75歳以上の親が、収入の要件を満たせば、健康保険などの被扶養者に入れる事が出来ます。

その場合、親は保険料を支払う必要はありません。

条件は同居している場合、親の収入が180万円未満で、子の年収の半分未満であること。

別居の場合は、親の収入が180万円以下で、子からの仕送り額より少ないこと。(親の年収が72万円の場合、毎月6万円以上の仕送りをしていることなど)

※このような条件を満たしても、健保組合で扶養の事実が確認できないときは認定不可となる場合があります。

※親子以外でも被扶養者にできる場合があります。

〇同居でなくてもよい人… 配偶者(内縁を含む) 、子(養子を含む)、孫、兄弟姉妹、父母(養父母を含む)等の直系尊属

〇同居であることが条件の人… 右記以外の三親等内の親族(義父母等)、内縁の配偶者の父母や連れ子、内縁の配偶者死亡後のその父母や連れ子。

 

これらの事は実態が必要になってきますが、残された遺族を助ける方法として検討してみてはいかがでしょうか?

<葬儀あとのガイドブック抜粋…P65>

相続で空き家ができる場合前のページ

銀行預金から保険金へ資産移動の勧め次のページ

関連記事

  1. 遺言書関連の変化

    葬儀後のお手続や相続

    相続財産の調査はどうすればいい?

    遺産の調査故人の財産は、亡くなった瞬間から相続人の共有の財産になり…

  2. 終活関連

    自筆証書遺言は家庭裁判所で検認が必要!?

    遺言書を見つけても開封してはいけない「自筆証書遺言」を見つけて、封…

  3. 遺言書関連の変化

    葬儀後のお手続や相続

    法定相続人の遺留分とは? 守られる相続財産です

    遺言が優先されるからといって、被相続人の意志だけが万能ではありません。…

  4. 葬儀後のお手続や相続

    死亡の際「葬祭費」と「埋葬料」どちらを請求?

    親族が死亡された際、「葬祭費」も「埋葬料」も遺族が請求してもらえる制度…

  5. 入院

    葬儀後のお手続や相続

    相続財産に含める保険金とは

    保険金と相続財産との関係先日、相続についてのご相談がありました。…

  6. 終活関連

    配偶者住居権の新設

    配偶者住居権の新設(2020年4月1日より施行)配偶者居住権とは、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 葬儀後のお手続や相続

    相続財産の売却、処分も名義変更から
  2. 葬儀後のお手続や相続

    「法定相続情報証明制度」を活用しましょう
  3. 葬儀後のお手続や相続

    相続で空き家ができる場合
  4. 葬儀後のお手続や相続

    残された遺族助ける、扶養親族の申請など
  5. 遺言書関連の変化

    終活関連

    エンデイングノートに書いておくべき項目②
PAGE TOP