葬儀後のお手続や相続

相続で空き家ができる場合

故人が住んでいた家が空き家になってしまう場合、近隣住民の方への挨拶をし、連絡先の交換もしておきましょう。

この方々を味方にすることで、空き家管理は楽になります。

管理をするとしても場所が遠方であったり、時間がとれなかったりする場合は、不動産会社やセキュリティー会社、ボランティア団体などに相談してみましょう。

ただ、ずっと空き家のままではいけません。

「直す」

「貸す」

「壊す」

「売る」

という方法で考えてみましょう。

 

空き家対策特別処置法

空き家の劣化により発生する防災・衛生・景観などの問題を対策するための法律「空き家対策特別処置法」により「特定空き家」に指定された場合、劣化した空き家の固定資産税が最大6倍になります。

 

以下、「国土交通省HPより」

空き家の定義

「空家等」とは、建築物又はこれに附属する工作物であって居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの及びその敷地(立木その他の土地に定着する物を含む。)をいう。

ただし、国又は地方公共団体が所有し、又は管理するものを除く。(2 条1 項)

 

「特定空家等」とは、

① 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
② 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
③ 適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態
④ その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にある空家等をいう。(2 条2 項)

 

特定空家等に対する措置

特定空家等に対しては、除却、修繕、立木竹の伐採等の措置の助言又は指導、勧告、命令が可能。

さらに、要件が明確化された行政代執行の方法により強制執行が可能。(14 条)

<葬儀あとのガイドブック抜粋…P64>

配偶者が亡くなったら、自分の年金を確認しましょう前のページ

残された遺族助ける、扶養親族の申請など次のページ

関連記事

  1. 終活関連

    家業がある場合の相続は?

    家業がある場合の相続故人が自営業者であった場合、後継者以外の相続人…

  2. 遺言書関連の変化

    葬儀後のお手続や相続

    法定相続人の遺留分とは? 守られる相続財産です

    遺言が優先されるからといって、被相続人の意志だけが万能ではありません。…

  3. 終活関連

    相続配分は二次相続との事も考えて

    二次相続にも注意相続税が掛かるご遺族は、二次相続のことも考えて相続…

  4. 終活関連

    お墓や仏壇の相続は?

    祭祀財産についてお墓や仏壇、位牌、神棚など先祖を祀るためのものを祭…

  5. 葬儀後のお手続や相続

    相続を受け入れるか(単純承認)相続放棄かを考える

    相続は故人の資産や、権利義務を相続人が引き継ぐことです。具体的…

  6. 葬儀後のお手続や相続

    相続税の申告までに遺産分割協議がまとまらない

    相続税の申告期限は、被相続人の死亡を知った日の翌日から10ヶ月以内です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 葬儀後のお手続や相続

    戸籍関係書類の重要性と取り寄せ方法
  2. 葬儀後のお手続や相続

    死亡後に遺族がお金を受け取れる「葬祭費(埋葬料)」など
  3. 遺族サポートチャンネル 原稿

    葬儀(葬式)のあと名義変更や解約が必要な諸手続き
  4. ファイナンシャルプラン

    保険見直しのポイント 「保険会社」
  5. 葬儀後のお手続や相続

    故人が加入している医療保険の受け取りは?
PAGE TOP