葬儀後のお手続や相続

相続財産の売却、処分も名義変更から

遺産分割協議も終わり、分割する財産が明確になっても、実際に引き継ぐには名義変更の手続きをしなくてはいけません。

すぐに売却したい場合でも、名義変更をして自分の所有物としなければ、売ることはできないのです。

まずは名義変更をして、相続を確実なものにしましょう。

特に法定相続分を超える分については登記などをしなければ、第三者に権利を主張できなくなります。

 

法定相続情報証明制度の活用

遺産の名義変更で必要となる書類は、被相続人や相続人全員の戸籍謄本を提出しなければならないケースが多くあります。

遺産の種類や数にもよりますが、ケースによっては何通もの戸籍を取り寄せる必要があり、名義変更の手続きに時間や費用がかかる場合があります。

このような名義変更にかかる時間や費用を抑えられる制度として、「法定相続情報証明制度」があります。

法定相続情報証明制度は法務局に申し出ることで、被相続人と相続人を一枚の図にした「法定相続情報一覧図」の写しを作成してもらえるサービスで、 戸籍謄本の代わりの書類として、名義変更を行うときに銀行や法務局などに提出できます。

またこの法定相続情報一覧図は無料で作成してもらえるので、是非活用しましょう。

 

名義変更でいうならば、土地の場合、名義変更をいつまでにしなければいけないといった期限はありません。

ですが、名義変更しなければ売却などもできませんし、後々の相続の面でトラブルにもなりかねないので、気づいたうちにやっておきましょう。

<葬儀あとのガイドブック抜粋…P55>

遺留分の放棄は事前にできる前のページ

相続税の申告は自己申告次のページ

関連記事

  1. 葬儀後のお手続や相続

    死亡の際「葬祭費」と「埋葬料」どちらを請求?

    親族が死亡された際、「葬祭費」も「埋葬料」も遺族が請求してもらえる制度…

  2. 葬儀後のお手続や相続

    国民年金加入者は「遺族基礎年金」「寡婦年金」「死亡一時金」のいずれか

    国民年金加入者が亡くなった場合、遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金のい…

  3. 遺言書関連の変化

    葬儀後のお手続や相続

    法定相続人の遺留分とは? 守られる相続財産です

    遺言が優先されるからといって、被相続人の意志だけが万能ではありません。…

  4. 葬儀後のお手続や相続

    亡くなった方の死亡退職金と弔慰金

    会社に在職中にお亡くなりになった場合、死亡退職金や弔慰金を遺族がもらえ…

  5. 葬儀後のお手続や相続

    遺族厚生年金の併給と調整

    65歳以後は、老齢基礎(老齢年金と遺族厚生年金は併給されます。)は、ど…

  6. 葬儀後のお手続や相続

    配偶者が亡くなったら、自分の年金を確認しましょう

    遺族年金の箇所でも触れていますが、ここでは公的年金受給前の方へ、保険料…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 終活関連

    遺言書の種類と探し方
  2. 終活関連

    遺言書が無い場合の相続の仕方
  3. 葬儀後のお手続や相続

    相続税の申告は自己申告
  4. 遺族サポートチャンネル 原稿

    葬儀を終えての法要・法事スケジュール(後編)仏教 四十九日以降・神道・キリスト教…
  5. ファイナンシャルプラン

    新型コロナウイルスで災害特約・傷害特約も支払い対象に⁉
PAGE TOP