葬儀後のお手続や相続

介護などでの特別の寄与の制度(特別寄与料)の創設

介護などでの特別の寄与の制度の創設(2019年7月1日施行)

被相続人の相続人ではなかった親族、例えば、被相続人の子の配偶者などの相続人でない人は、これまで相続分を受け取ることができませんでした。

実際、息子の嫁が介護をしてくれているのに、相続人に入っていないので、遺言書でも記載がないと報われない事例が多くあったのです。

今回の特別寄与請求権の創設により、相続人以外の親族が、無償で被相続人の介護・看護などをしていた場合、相続人に「特別寄与料」としてお金を請求できるようになりました。

このように新制度により、介護などで尽くしてきた親族の貢献が報われるようになったのです。

特別寄与者となり、特別寄与料を請求できるのは、被相続人の相続人でない親族と定められています。

親族とは、配偶者、6親等内の血族、3親等内の姻族であり、子の配偶者はこの中に含まれます。

相続人である子の配偶者は、相続人でない親族として、介護への貢献分を特別寄与料として請求することが可能です。

ただ、実際には請求する事を言い出しにくい状況も多いかもしれません。

その際は、第三者的な弁護士や行政書士、税理士などの仕業の方から言ってもらう方法もあると思います。

なかなか自分からお金のことは言い出しにくいものですよね。

でも制度ができたので、是非活用してください。

当然の権利だと思います。

<葬儀あとのガイドブック抜粋…P51>

遺産分割協議書と遺産分割協議証明書前のページ

遺産分割協議がまとまらないとき次のページ

関連記事

  1. 遺言書関連の変化

    葬儀後のお手続や相続

    法定相続人の遺留分とは? 守られる相続財産です

    遺言が優先されるからといって、被相続人の意志だけが万能ではありません。…

  2. 葬儀後のお手続や相続

    遺産分割4つの方法

    遺産分割の方法には、4つの方法があります。それぞれのメリット、…

  3. 葬儀後のお手続や相続

    配偶者が亡くなったら、自分の年金を確認しましょう

    遺族年金の箇所でも触れていますが、ここでは公的年金受給前の方へ、保険料…

  4. 遺言書関連の変化

    葬儀後のお手続や相続

    相続財産の評価方法はどうする?

    相続財産の評価方法評価方法は、財産の種類によって異なり、相続税法と…

  5. 終活関連

    遺言執行者が遺言に指定されている?

    遺言執行者とは遺言書に書かれた内容を実現させることを「遺言の執行」…

  6. 葬儀後のお手続や相続

    遺族厚生年金の併給と調整

    65歳以後は、老齢基礎(老齢年金と遺族厚生年金は併給されます。)は、ど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 葬儀と法要や仏事

    お彼岸の迎え方
  2. 遺族サポートチャンネル 原稿

    葬儀前または直後に(なるべく早めに)必要な届け・手続き
  3. 葬儀と法要や仏事

    仏壇で日常の供養の仕方
  4. 葬儀と法要や仏事

    法要の準備・日程・場所どう決める!?
  5. 葬儀と法要や仏事

    コロナウイルス緊急事態宣言時の法要について
PAGE TOP