葬儀後のお手続や相続

亡くなった方の住宅ローンが残っている場合は?

まだ住宅ローンを支払っている方が亡くなってしまった場合、そのローンはどうなってしまうのでしょう?

住宅ローンを支払っている方の多くが団体信用生命保険に入られています。

団体信用生命保険(通称「団信」)は、住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うというものです。

民間金融機関の多くは、この団信の加入を住宅ローン借入れの条件としています。

ですが、一部の民間金融機関とフラット35では、団体信用生命保険への加入が任意となっています。

もし団信に加入していない場合は、残された家族が住宅ローンを返済し続けなくてはなりません。

※団信に加入されていた場合でも、1年以内の自殺などは免責になりますのでご注意ください。

亡くなった場合の住宅ローンの手続き

まず借入先の金融機関に連絡します。

団体信用生命保険(団信)に加入している場合、ローンの残高がそこから支払われます。

ローンが完済されると金融機関から「抵当権抹消登記」などの書類一式が送られてきますので、併せて所有権移転登記なども行います。

ローン(債務)が無くなるのと同時に、そのマイホームは相続財産となります。

債務のマイナスは消滅してしまうのです。

そのことで相続税が掛かってしまうケースも考えられます。

団信は生命保険といっても、その受取人は金融機関であるため、普通の死亡保険金とは違い「みなし相続財産」ではありません。

みなし相続財産である生命保険の死亡保険金は、相続放棄しても受け取る事ができるようになっていますが、この団信の生命保険は出来ないということです。

<葬儀あとのガイドブック参照…P40

 

故人が加入している医療保険の受け取りは?前のページ

死亡原因が労働災害や自動車事故の場合次のページ

関連記事

  1. 葬儀後のお手続や相続

    故人の預金口座(銀行口座凍結)について

    金融機関は口座名義人の死亡を知った時点から、その預貯金の口座を停止する…

  2. 葬儀後のお手続や相続

    死亡原因が労働災害や自動車事故の場合

    業務上の事故や通勤途上の災害で亡くなった労働者は「労働者災害補償保険」…

  3. 終活関連

    相続配分は二次相続との事も考えて

    二次相続にも注意相続税が掛かるご遺族は、二次相続のことも考えて相続…

  4. 終活関連

    自筆証書遺言は家庭裁判所で検認が必要!?

    遺言書を見つけても開封してはいけない「自筆証書遺言」を見つけて、封…

  5. 終活関連

    配偶者住居権の新設

    配偶者住居権の新設(2020年4月1日より施行)配偶者居住権とは、…

  6. 葬儀後のお手続や相続

    相続財産の売却、処分も名義変更から

    遺産分割協議も終わり、分割する財産が明確になっても、実際に引き継ぐには…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 葬儀後のお手続や相続

    「法定相続情報証明制度」を活用しましょう
  2. ファイナンシャルプラン

    生命保険見直しポイント 「死亡保障額」
  3. 葬儀後のお手続や相続

    遺産分割協議が無効になる⁉
  4. 葬儀と法要や仏事

    お彼岸の迎え方
  5. 遺族サポートチャンネル 原稿

    わすれてはいけない! 相続や税金に関する遺族の手続き
PAGE TOP