入院

葬儀後のお手続や相続

相続財産に含める保険金とは

保険金と相続財産との関係

先日、相続についてのご相談がありました。

父親が亡くなったが、私が受け取った保険金は兄弟で分けないといけないのか? というもの。

通常、保険金というのはその対象の人(被保険者)が亡くなった場合は、受取人が指定してあればその人の固有の財産となります。 つまり、他の親族からの請求(他の相続財産と一緒に分けろ!)など要求できない財産なんです。

ですから「分ける必要ないですよ」と答えようとしたら、「父が私の口座に入るようにしてたんです」とポツリ。

「?」…通常、先に死亡保険金の振込先など保険会社が把握している事はありません。

「死亡」→「受取人からの保険会社への連絡」→「保険会社から書類の発送」→「受取人からの返送」と、ここで初めて送金先の口座がわかるのです。

不思議に思い聞いてみると、それは入院とがんの診断の「給付金」だったのです。

相続の関係で「保険金」は2種類に分けられます。故人が亡くなって受け取る「(死亡)保険金」と、生前中に入院や手術で受け取る「保険金(給付金)」です。

受取人の固有の財産となる話しは「死亡保険金」であり、一定の非課税額が決められています。一方「入院・手術給付金」はどうかというと、これは故人が生前中に自分自身で受け取る金額ということで、遺族が受け取る相続財産の一つになるのです。

そうなると、遺族それぞれが権利を持つ状況になります。

故人が支払っていた保険に解約金がある場合は、それも解約金が相続財産の中に入ります。

上記相談の結論からすれば、兄弟で分けるべき金額になります。

その他、色々相談もされましたが、そのことについては後日またお知らせしたいと想います。

 

初盆の迎え方前のページ

エンデイングノートに書いておくべき項目②次のページ遺言書関連の変化

関連記事

  1. 葬儀後のお手続や相続

    相続財産の売却、処分も名義変更から

    遺産分割協議も終わり、分割する財産が明確になっても、実際に引き継ぐには…

  2. 葬儀後のお手続や相続

    故人が加入している医療保険の受け取りは?

    医療保険はだれが請求し受け取るのか?医療保険は入院したり手術したり…

  3. 葬儀後のお手続や相続

    相続人の特別代理人を立てなければいけない場合

    特別代理人とは相続人の中には、未成年者や行方不明者、認知症などで法…

  4. 遺言書関連の変化

    葬儀後のお手続や相続

    相続税を払えない場合と払いすぎた場合

    相続税が納められない場合相続税には、相続人の中で相続税が納められな…

  5. 葬儀後のお手続や相続

    死亡後に遺族がお金を受け取れる「葬祭費(埋葬料)」など

    身内が亡くなったあと、遺族には様々な手続きが必要になりますが、請求すれ…

  6. 葬儀後のお手続や相続

    戸籍関係書類の重要性と取り寄せ方法

    遺族が行なう様々な手続きで、戸籍関係の書類が必要となります。故人の銀行…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 終活関連

    遺言書が無い場合の相続の仕方
  2. ファイナンシャルプラン

    生命保険見直しポイント 「死亡保障額」
  3. 終活関連

    遺産分割協議がまとまらないとき
  4. 遺言書関連の変化

    終活関連

    財産目録の作成と贈与された財産について
  5. ファイナンシャルプラン

    終活にドル建て保険の活用を考えてみましょう
PAGE TOP