葬儀と法要や仏事

忌中(きちゅう)と喪中(もちゅう)の違いとは?

「忌中(きちゅう)」も「喪中(もちゅう)」も「身内の死に際して身を慎む期間」を指します。

「忌中」とはご家族がお亡くなりになってから、仏式では四十九日、神式では五十日祭、キリスト教は忌明けがありませんが一カ月後の召天記念日までと考えていいでしょう。

忌引きを終えても忌中の期間は死の穢れが強い時期と言われ、祭り事などには出ることを避けたほうがよいといわれています。

また、この忌中には忌服期間(忌引き)があります。

忌服期間(忌引き)とは、明治七年に故人との関係によって忌中と喪中の期間が細かく決められた太政官布告の「服忌令」が出されました。

そんな事まで決められていたんですねぇ。

しかしそれは、百年以上も前のもので、現在では社会と適合した期間に修正されています。

会社勤務の方などで身内が亡くなった際、服務規程などで続柄により数日休んで良いという規定はその名残りでしょう。

この期間は仕事や学校を休み、むやみな外出を控え自宅で故人を弔うことが目的とされています。

四十九日を過ぎたら「忌明け」となります。(忌明け法要は三十五日で行われることもあります)

死を穢れとする考え方からきているもので、精神的なショックを受けている遺族が故人を偲び、時間をかけて精神的な傷を癒す時間とも言えるでしょう。

「喪中」は宗教を問わず一年間とされることが多いようです。

喪中は年賀状は出さず、欠礼をわびるあいさつ状を12月の初めまでに送ります。この間は慶事や祭典を避けるものとされていますが、遺族にとって大事なことであれば「故人もお許しくださる」と柔軟に考えるケースは多いようです。

<関連:葬儀あとのガイドブック P22より>

「葬儀あとのガイドブック」個別販売開始前のページ

お墓の手配と承継はどうする?次のページ

関連記事

  1. 葬儀と法要や仏事

    お盆の精霊棚(しょうりょうだな)(盆棚)の飾り方

    精霊棚はご先祖様の霊を迎えるための棚のことで盆棚とも言われます。お盆の…

  2. 葬儀と法要や仏事

    お彼岸の迎え方

    お彼岸は春と秋の2回あり、それぞれ春分の日、秋分の日をはさむ前後3日の…

  3. 葬儀と法要や仏事

    お墓参りの基本と準備

    お墓参りの時期は一般的にお墓参りは、春と秋のお彼岸、お盆、故人の命…

  4. 葬儀と法要や仏事

    仏壇の選び方

    仏壇を初めて購入される場合、どう選べばいいのか分からないという方も多い…

  5. 葬儀と法要や仏事

    仏壇で日常の供養の仕方

    日常の供養の仕方故人の供養は朝と夜の2回、毎日行うのが基本です。線…

  6. 葬儀と法要や仏事

    初盆の迎え方

    お盆には先祖の霊が戻ってくると言われています。 お盆の時期は東京など首…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 葬儀後のお手続や相続

    相続人の特別代理人を立てなければいけない場合
  2. 遺族サポートチャンネル 原稿

    葬儀(葬式)のあと名義変更や解約が必要な諸手続き
  3. お知らせ

    代金未払いについての対応について
  4. ファイナンシャルプラン

    生命保険見直しポイント 「死亡保障額」
  5. ファイナンシャルプラン

    遺族が児童扶養手当を受け取れる?
PAGE TOP